AmazonのKindleにて電子書籍を出版しています。電子書籍とスマートフォンの普及で写真表現が一つ増えた。いつでもどこでも写真を楽しむこともできるし人に見てもらうこともできる。カメラと写真はコミュニケーションのできるアイテムである。本の写真集もいいけど電子書籍にしかできない表現方法はあるはず。それが何かは今はつかめていないけど作品を増やして追求したいと思っています。

東京生活 Tokyo Living

 

Tokyo living

Tokyo living— but I don’t have a residence in Tokyo.
I take the express bus into Tokyo from the country. Reasons for coming into the city mostly includes studying
photography, and touring photo- and art galleries.

I use coin lockers when I have a lot of stuff.I stay exclusively in capsule hotels.
Maybe I pull off a Tokyo resident when I check out of capsule hotels.

For meals, I eat a lot of standing soba noodle places, which are easy and quick.
Maybe there’s an element of longing because there aren’t such places in the country.

There are just a ton of people, and it’s hard to even just walk around if you can’t ride the current of pedestrians.
On top of that, for some reason everyone is in a hurry.
People in Tokyo are frequently standing in line. Although, those people may be people from the country like myself.

People seem to appear, even in small desolate-looking allies.
Information is overflowing in the city. It is multicultural just from the large population.

Depending on the train station, those people that are active or gather differ.
I get the feeling inside that something is about to begin when I’m in Tokyo.
I am beginning to understand the rules of the town. It’s as if I live in Tokyo.

33page 30photographs +Cover

 

 

東京生活

東京生活と言っても東京に住居があるわけでは無い。田舎からは高速バスで上京する。目的は写真の勉強や写真展巡りや美術館巡りが多い。荷物が多いときはコインロッカーを使う。泊まるのはもっぱらカプセルホテル。カプセルホテルをチェックアウトすると僕も東京人面しているのかもしれない。食事は簡単に素早くすませられる立ち食いそばが多い。田舎には立ち食いそば屋がないのであこがれているのかもしれない。

とにかく人が多い、人の流れに乗れないと歩くのも困難だ。それになぜかみんな急いでいる。東京の人はよく並んでいる。でもそれは僕と同じ田舎から出てきた人たちかもしれない。人気のない細い路地に入っても人があらわれる。街には情報があふれかえっている。人が多い分様々な文化がある。駅によって活動する人たち、集まる人たちも違う。東京に居ると自分の中でなにかが始まるような気になる。この街のルールが少しわかってきた。まるで東京で生活しているみたいだ。

CRP JAPAN Tokyo living 2013-2015 東京生活
CRP JAPAN Tokyo living 2013-2015 東京生活

 

Amazon 著者ページ https://www.amazon.co.jp/-/e/B01BH33X84